まじいくじ。

現役介護職のパパとおばあちゃんがおすすめの商品や保険についてなどまとめています。たまに介護についても書いています。

まじいくじ

お食い初めのやり方と起源や地域差についてまとめてみた

f:id:majimoney:20180329133849j:plain

初めての赤ちゃんが誕生したことで、それまであまり聞いた事もなかった赤ちゃんのための行事があることを知り、ビックリされる新米パパ、ママもいると思います。

お食い初めも赤ちゃんに関わる行事の中のひとつですが、初めてのことなので、何から始めればいいのかわからないことばかりで、迷ってしまいますよね。

そこで今回は「そもそもお食い初めって、何のためにやるの?」「どうやってやったらいいの?」「どうしてもやらなくちゃいけないものなの?」と悩む新米パパやママのためのために、お食い初めについてまとめてみました。

お食い初めの起源は?

お食い初めは昔から「百日祝い」 としても知られる伝統的な行事です。お食い初めの起源や由来ははっきりとはわかっていませんが、平安時代から行なわれていたといわれています。

平安時代、赤ちゃんにお餅を食べさせる「百日(ももか)」という行事がありました。その後、餅から魚に変わり、鎌倉時代には「真魚初め(まなはじめ)」と呼ばれるようになりました。

そして、その「真魚初め」で、初めて箸を使うので「箸揃え」「箸初め」「箸立て」とも呼ばれ、その後この風習が「お食い初め」と呼ばれるようになったそうです。

お食い初めは何故やるの?

そもそもお食い初めとは、生後100日頃(地域によって違う)に行う日本の伝統的なお祝い事の一つで、「一生食べ物に困らいように」「健康で丈夫に育ちますように」という願いが込められています。

昔、今よりも栄養状態の悪かった時代には、生後100日まで生きられない赤ちゃんも多く、そのため赤ちゃんの成長の節目ごとに、我が子の成長を祝い、幸せを願う風習があったとも言われています。

また昔は、100~120日目を乳歯の生えはじめの時期としていたので、「丈夫な歯が生えるように」と願う「歯固め」の儀式としても行われていたようです。母乳やミルク以外の初めての食べ物を御膳として用意をし、歯が生え始めるまですくすく成長したことを喜びます。

生後100日は生後3か月が過ぎたころで、ちょうど 母乳以外のものを口にし始める時期でもあり、離乳食が始まる前に行う儀式です。

お食い初めはどうやってやるの?

昔は正式には、親族をみんな呼んで行っていたようです。もちろん 赤ちゃんの成長を喜び、願うための行事なので、それぞれの両親を呼んでも良いかもしれません。しかしそこまでしきたりにこだわらない家庭であればパパママだけでも良いと思います。

まずは、お祝い膳を準備します。お食い初めのお祝い膳の献立に出てくるものは、基本的には鯛などの尾頭付きの焼き魚・すまし汁・煮物・赤飯(白飯)・香のものなどが並びます。また丈夫な歯が生えるように、歯固めの小石とや長生きができるようにと梅干を添えたり、紅白の餅を五つ添えるなどの習慣もあります。これも地域によって違いがあるようです。

そして用意した料理を祝ってくれる親族のうちで一番長寿の人が、赤ちゃんを膝に抱いて食べさせる真似をします。しかしそれも特にこだわらず、両親が行えばよいと されています。

食べさせる順番としては、ご飯⇒吸い物⇒ご飯⇒魚⇒ご飯・・・とこの順番で食べさせる真似をし、それを3回繰り返します。きちんとやらなければと思われがちですが、食べ方の順番なども比較的簡単に済ませている家庭も増えてきているようですね。

お食い初めは地方によって違うの?

お食い初めの進め方や、用意する料理なども、地域によって様々なしきたりや、やり方があるようです。また地域によってはお食い初めをしないというより「知らない」地域もあります。もちろん地域による違いだけではなく、時代の変化とともに、お食い初めのやり方も変化しています。

どちらにしても、その家ごとにもしきたりやこだわりがある場合があるおあもしれません。もし地域やそれぞれの家で、お食い初めの方法や順番が違い迷うような場合には、事前に両親や祖父母に相談をしておきましょう。

お食い初めはの用意が大変そうと思う方

ママは赤ちゃんの世話で忙しかったり、ママ自身の体調がまだ万全ではなかったりすることがあるかもしれませんね。あまり堅苦しく考えず、それぞれの家庭の状況に合わせ、楽しくお祝いできるが一番いいのではないかと思います。

最近はお食い初めをホテルのレストランや料亭でする人が増えていたり、また宅配のお食い初めセットなどを上手に活用する人も増えています。またお食い初め用の食器を特に準備せず、普段使用している食器に買ってきた惣菜で済ませたりするなど、簡素化する傾向もあります。自分たちで全て用意するのが大変な時には、レストランのお食い初めプランや宅配のお食い初めセットもある時代・・・助かりますね。

私自身も、今回この記事を書くのに、たくさんのお食い初めセッ トがあることを知り本当に驚きました。私たちの時代にもこんな便利なものがあったら良かったのになあと思いながら、楽しく眺めました。もし関心があれば、みなさんも是非一度見て参考にしてはいかがでしょうか。

まとめ

お食い初めは、家族や親族が集まって子どもの成長を祝う良い機会でもあります。もちろん夫婦だけで祝ってあげるのも良いと思います。あまり無理をして本格的な儀式を全て行う必要はないと私自身は考えています。

赤ちゃんの成長を喜び、感謝をするとともに、この先の成長や健康を願うという気持ちこそが大切なのですから・・・もちろん絶対にやらなくてはいけないものでもありませんが、昔から続いている日本の伝統的な儀式でもあるだけに、あまり負担と思わず、我が子のためにできる範囲で行なってみてはいかがでしょうか。

>>>銀座割烹からお届け【正直屋の宅配お食い初め】