まじいくじ。

現役介護職のパパとおばあちゃんがおすすめの商品や保険についてなどまとめています。たまに介護についても書いています。

まじいくじ

実務者研修の取得を目指す!資格の取り方を現役介護職が徹底解説

f:id:majimoney:20180406170132j:plain

平成28年度より介護福祉士の受験資格に「実務者研修」が義務付けられました。私が介護福祉士を取得した時には実務者研修はありませんでした。介護職の質を上げるための実務者研修とはどういう内容の研修なのか、気になったので調べてみました。

なぜ実務者研修ができたの?

2013年より介護の資格取得のキャリアパスが改定されて、以前のヘルパー1級という資格の代わりにできました。より質の高い介護サービスを提供するために、実践的な知識と技術の習得を目的としています。

また、2025年度の団塊世代が75歳を迎えるにあたり、看護師の数が不足されることが予測されるため、痰吸引や経管栄養などの医療行為の一部を介護士に補ってもらうために勉強をしてもらうということも狙いのようです。

初任者研修を受けてからでないと受けられない?

私のイメージでは初任者研修→実務者研修→介護福祉士取得だったのですが、実は初任者研修は受けなくても実務者研修は受けることができるとのこと。

実務者研修を受講する際に、初任者研修の資格を持っていれば、共通科目の受講免除(130時間)がありますが、要するに介護福祉士を目指すのであれば、受験要件にない初任者研修は受けずに実務者研修を受けた方が最短でとれるということです。

実務者研修を修了すると何ができる?

介護福祉士の受験要件となる以外にも、訪問介護のサービス提供責任者になることができます。

また、痰吸引や経管栄養についても学べるので、オムツ交換も上手くできない私よりよっぽど使える介護職となれるみたいです。

給与はあがるの?

会社によってバラバラです。資格手当として3千円~1万円でるところも結構あるみたいです。

どのぐらいの研修期間がかかるの?

下の表をみていただけるとわかると思いますが、20科目450時間の研修が必要です。ただ実務者研修には試験実施の義務がないため、研修実施団体によって試験を行うか独自で決めています。

f:id:majimoney:20180406165906j:plain

引用元:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/care/dl/care_16.pdf#search=%27%E5%AE%9F%E5%8B%99%E8%80%85%E7%A0%94%E4%BF%AE+%E6%A6%82%E8%A6%81%27

通信もあるの?

ほとんどのスクールが通信+通学という形をとっています。保有資格により期間はそれぞれとなっています。

スクールは何を基準に選べばいい?

これについては、人それぞれになってきます。実務者研修を受ければ、介護福祉士の受験対策講座が割引でうけられるのキャンペーンを行っているところなどいろいろな対策をして受講者を集めようとしています。

自分にあったスクールを選ぶためには、資料請求やホームページなどでしっかりと情報を得ることが大事になってきます。資料請求に関しては無料で行っているため、比較をしてみてください。

教育訓練給付制度の活用

雇用保険の一般被保険者又は一般被保険者であった者(支給要件期間が3年以上の者。ただし、初回に限り1年以上の者。)が、雇用の安定及び就職の促進を図るために必要な職業に関する教育訓練として厚生労働大臣が指定した教育訓練を受講し、修了した場合、対象教育訓練の受講のために当該受講者本人が教育訓練施設に支払った費用の20%に相当する額が公共職業安定所(ハローワーク)から支給されるものです。自分が対象いなるかお近くのハローワークへ問い合わせてみてください。

まとめ

実務者研修の時間などをみると今までのヘルパー研修よりも大変な印象があります。ただ介護職の質の向上や地位の向上を目指すためにしっかりと研修をうけ知識を高めるということでは良いと考えます。

研修をうけられる方は介護福祉士になるために、仕方なく受けるというのではなく、現場でしっかりと役に立つ知識をつけることが重要になってきます。そのためには、しっかりとしたスクール選びが大事です。安物買いの銭失いにならないように、資料をよく見て自己啓発できるような研修を行ってくれるようなスクールを選択しましょう。