まじいくじ。

現役介護職のパパとおばあちゃんがおすすめの商品や保険についてなどまとめています。たまに介護についても書いています。

まじいくじ

社会福祉士を目指す!資格の取り方を現役介護職が徹底解説

f:id:majimoney:20180406174003j:plain

超高齢化社会と言われるこの時代。これから福祉の仕事をしてみようと言う人もいるのではないでしょうか。

そんな福祉の資格の中で、介護福祉士とともに、2大国家資格と言われているのが社会福祉士。介護の専門家が介護福祉士ならば、社会福祉士は社会福祉の専門家といったところでしょうか。

今回は社会福祉士の資格取得を考えている人のために、参考にしてもらえたらと思います。

社会福祉士ってどんな資格?

社会福祉士は医療現場や介護施設などで働き、介護が必要な人の相談を聞きながら援助・助言などを行う専門職です。

その人にあった福祉サービスの調整や検討も仕事であり、適切な支援を行うための専門的な知識やコミュニケーション能力が問われる資格でもあるのです。

社会福祉士の役割は

社会福祉士は簡単に言えば、相談業務が役割になってきます。問題を抱える対象者の相談に乗りながら、この人は今何に困っているのか、またその困っていることを改善できるサービスや資源はどのようなものがあるのかということを明確に把握していくことが重要になってきています。

社会福祉士は、どんなところで働ける?

相談援助業務を行う生活指導員・相談員・ケースワーカー・ソーシャルワーカーとして仕事を行うことができますが、一般的に介護福祉士に比べ、社会福祉士が求められる職場やその数は限定されているようです。

地域包括支援センターのように、社会福祉士は配置が必須の職場では、福祉全般に関する相談を受けたり、権利擁護に関する業務等も社会福祉士の業務になっています。

社会福祉士の年収や時給は?

働く地域や働く場所にもよりますが、福祉業界の中では介護支援専門員の次に収入は高いと言われています。資格手当がつくところがほとんどのようです。

しかしこれも他の業界と比較すると決して高収入とは言えない現状ではあります。

受験資格は?

社会福祉士の資格を取得するための受験資格には次のようなものがあります。

  • 一般の4年生大学を卒業後、一般養成施設を卒業(見込み含)
  • 一般の短期大学を卒業後、指定施設で2年以上実務経験を積み、一般養成施設を卒業(見込み含)
  • 指定施設で4年以上の実務経験を積み、一般養成施設を卒業(見込み含)
  • 福祉系の大学・短大・専修学校で基礎科目を履修し、短期養成施設を卒業(見込み含)。ただし短大・専修学校卒業生は指定施設で一定の実務経験が必要
  • 社会福祉主事養成機関を卒業後、指定施設で2年以上実務経験を積み、短期養成施設を卒業(見込み含)
  • 児童福祉司や身体障害者福祉司として4年以上の実務経験を積み、短期養成施設を卒業(見込み含)

受験日は?

試験は年に1回で、毎年2月に実施されています。 合格発表は3月中旬です。なお今年度は平成30年2月4日終了しています。

合格率は?

出題数150問、総試験時間240分試験は全問マークシート方式。全19科目、1科目1点以上、全体で60%が合格ラインとなります。

ちなみにH28年度の受験者数:45,849人、合格者数:11,828人合格率:25,8%となっています。

社会福祉士は、こんな人にオススメ

社会福祉士の業務内容は、直接介護が主の介護福祉士とは違い、相談業務が主な仕事となります。そのため、人に接することはもちろん、相手の話を聞くことが得意、好きな方にはオススメできます。

相談業務で問題解決をするためには、まずは相手の話を傾聴することから始め、相手の状況を正確に把握し、複雑な気持ちを理解することが重要です。

社会福祉士の現場の声を聞いてみた

実際にある病院で働いている医療ソーシャルワーカーに話を聞いてみました。

◎やりがいのあるところ 困難ケースなどで、在宅のケアマネとしっかりと連携を取り、無事退院し在宅でうまく生活ができているという話を聞いた時。

◎辛いところ 病院には、基本医療職しかいないため、他職種とのコミュニケーションが取りづらい。

まとめ

よく4年生の大学を卒業後、すぐに社会福祉士の資格は取得したけれど、なかなか仕事が見つからないという人の話をよく聞きます。相談業務にはそれなり現場で培った知識や経験が必要で、そう簡単に採用までには至らないのは当たり前。

いきなり相談業務と考えるのではなく、まずは 介護職などをして福祉現場での経験を積むことも必要かもしれません。