まじいくじ。

現役介護職のパパとおばあちゃんがおすすめの商品や保険についてなどまとめています。たまに介護についても書いています。

まじいくじ

介護職員初任者研修の取得を目指す!資格の取り方を現役介護職が徹底解説

f:id:majimoney:20180409003913j:plain

ホームヘルパー2級という資格は介護業界では馴染みのある言葉ですが、そのホームヘルパー研修がすでに廃止され、初任者研修に変わっていることを知らない人もいるようです。

平成25年度に介護の資格制度が変更となり、初任者研修とは、ホームヘルパー2級の資格が廃止されたのに伴って新たにできた資格です。正式には介護職員初任者研修と言います。今回は、介護職の入門的な資格と言われる初任者研修について調べてみました。

初任者研修と実務者研修は、どう違いがあるの?

介護の資格制度が変更となってから、新たにできた資格である初任者研修と実務研修ですが、その違いがわからないという人も多いと思います。これから介護職を目指す人は、ホームヘルパー2級ではなく、介護職員初任者研修の修得を目指すことになります。

介護の入門資格となっているこの初任者研修では、在宅・施設関係なく介護の仕事を行う上で必要となる基本的な知識や技術を修得することを目的としたカリキュラムが組まれ、介護職に就いていなくても比較的理解しやすい内容になっています。

さらに初任者研修を取得した人がスキルアップをするため、介護職員実務者研修があると言われているのですが、実際には、初任者研修を受講していなくても取得することが可能なのです。初任者研修、実務者 研修のともに、無資格の状態から受講することが可能になっています。

実務者研修は、より具体的で専門的な知識や技術を中心とした内容を中心としたカリキュラムが組まれているため、初任者研修と比べると履修科目や時間数が多くなっています。大きく違うのは、介護福祉士の資格を受験するためには、この実務者研修の修了が必須条件であることです。

どのぐらいの研修期間がかかるの?

初任者研修は、旧ホームヘルパー2級研修と同じ130時間の受講時間であるため、旧ホームヘルパー2級の資格を取得している人は、介護職員初任者研修を取得しているとみなされるようです。

またホームヘルパー2級研修ではあった実習が、初任者研修ではなくなったと聞きました。実習は介護現場を知ることができる貴重な機会なので、初心者向けのこの研修に実習が必須でなくなったことは、個人的にはやや疑問に感じています。

初任者研修のカリキュラムは全部で「10項目(130時間)」の授業となっています。研修は、通学や通信等の違いにより、取得にかかる時間やスケジュールが変わってきます。

時間のない人には短期集中コースなどもあります。自分の生活スタイルを考えながら、無理なく受講できる手段 を選ぶようにしましょう。

給与はあがるの?

介護業界では、無資格、未経験でも働ける職場もありますが、初任者研修や実務者研修の資格の有無で、採用や給与面で違いがあることが多いようです。もちろん給与だけでなく就職先の選択肢も広がるでしょう。

まとめ

介護の仕事は、介護士不足の現状もあり、無資格でも働ける仕事ではあります。実際パートやアルバイトの求人情報紙を見ると、「無資格・未経験でも可」との記載も多くあります。

しかし、これから介護の仕事に就くために資格を取ろうと考えている方や現在無資格の方は、ホームヘルパー2級の代わりに誕生したこの初任者研修の取得を目指しましょう。