まじいくじ。

現役介護職のパパとおばあちゃんがおすすめの商品や保険についてなどまとめています。たまに介護についても書いています。

まじいくじ

社会福祉主事任用資格取得を目指す!資格の取り方を現役介護職が徹底解説

f:id:majimoney:20180412234257j:plain

社会福祉士と近い職種に、社会福祉主事任用資格があります。みなさんも社会福祉主事の資格で、通所介護の相談員等の求人が出ているのをみかけることがあると思います。

そもそも「社会福祉主事ってどんな資格なの?」「任用資格って何?」と思っている人もいるのではないでしょうか。社会福祉主事任用資格は、試験に合格して得るものではなく、国で設定された科目を履修することで得られる資格です。

今回はその仕事内容や取得に必要な履修科目についてまとめてみました。

社会福祉主事任用資格ってどんな資格?

社会福祉主事は、もともとは行政の福祉事務所等に勤める公務員が、専門的な相談業務をおこなうために設けられたものです。

「任用資格」とは、公務員が特定の業務に任用される時に必要な資格です。福祉事務所等には社会福祉主事の配置が義務付けられています。

また最近では、社会福祉施設の相談員や生活指導員への就職の際に必要な資格にもなっています。

社会福祉主事の役割は

社会福祉主事は、福祉事務所や福祉施設等において、主に相談業務をするための資格です。「ケースワーカー」と呼ばれることもあります。

高齢者や障がいを持っている方などの生活の相談にのり、必要に応じて関連機関と連携を図りながら、必要な援助を行うなど重要な役割があります。

社会福祉主事は、どんなところで働ける?

基本的には、公務員として働く人が社会福祉主事と呼ばれていますが、福祉事務所・児童相談所・社会福祉施設・老人福祉施設・障害者施設などの様々な福祉施設でも働くことができます。

また介護保険制度がスタートして以降は、民間のデイサービスセンターや特別養護老人ホームで「生活相談員」として活躍している人も多く見かけます実際求人情報を見ても、社会福祉協議会、デイサービスや特別養護老人ホームだけでなく、有料老人ホームなどの生活相談員、病院の医療相談員など、社会福祉主事任用資格を必須とする求人票が出ています。

社会福祉主事の年収や時給は?

社会福祉主事として、公務員で働く場合には、基本給のほか各種手当等が支給され、それなりの年収を得られると思います。しかし多くの人は、公務員ではなく民間の福祉施設等において「相談員」などの職名で働く場合が多いことでしょう。

給料や待遇に関しては施設ごとに異なります。経験や勤続年数に応じて少しずつ給料が上がること、また資格手当がつくということを考えてみても、期待できるだけの収入は得られないのが現状です。

資格取得要件は?

社会福祉主事任用資格を得る方法は色々ありますが、代表的なものは、以下のような資格要件が必要になります。

・社会福祉主事の資格は、一般大学で、指定の福祉に関する科目を3科目以上履修して卒業していれば資格要件を満たしているとされており、届出をすることで資格を有することができます。

大卒の方は自分が要件を満たしているか是非確認してみてもいいでしょう。

・厚生労働大臣の指定する指定養成機関又は講習会の課程を修了した者、その他、社会福祉士、精神保健福祉士の資格を取得者や、厚生労働大臣の指定する社会福祉事業従事者試験に合格した場合等も、社会福祉主事任用資格を得たものとして認められます。

社会福祉主事は、こんな人にオススメ

社会福祉主事には、相談援助が基本の業務であるため、相手の話をしっかりと聴ける人、またコミュニケーションを取ることが得意な人が求められます。もちろんそのためには、社会福祉のことに関して受け答えができるだけの幅広い知識も求められます。

社会福祉主事任用資格は国家資格である社会福祉士に比べ、資格要件を満たすのが厳しくないため、相談員業務につきたいと考えている人には、まずは社会福祉主事任用資格の取得を目指すことをオススメします。

社会福祉主事の現場の声を聞いてみた

社会福祉主事任用資格で、市役所の生活保護のケースワーカーとして働いている40歳代の女性(非常勤職員)に話を聞いてみました。

◎やりがいのあるところ
日々さまざまな不安や悩みを抱える市民の相談にのり、無事に問題が解決できた時などには、仕事に対してやりがいを感じることもある。

◎辛いところ
人間相手の仕事なので、なかなか思い通りにいかない困難ケースに当たる場合も多い。しかしどんなに必死で頑張っても、まわりの常勤職員(公務員)とは立場の違いを感じてしまうことがある。

まとめ

高齢化に関する問題がたびたび取り上げられる今、福祉業界において、高齢者福祉に関する仕事が、今後ますます増えていくことが予想されています。こうした中で、社会福祉主事は福祉系のさまざまな分野で活躍する際に生かせる資格となっています。

また自身のキャリアアップにも役立つ資格として取得を目指すのも良いかと思います。