まじいくじ。

現役介護職のパパとおばあちゃんがおすすめの商品や保険についてなどまとめています。たまに介護についても書いています。

まじいくじ

自分の保険を見直してみてわかったことをまとめてみた

f:id:majimoney:20180412234840j:plain

保険に加入しながら、自分の保険内容がわからないという方もいるのではないかと思います。実は私自身、今まで保険の見直しをしたこともなかったのですが、親の保険の見直しをしたのを機に、今回見直しをしてみようと考えまていました。

そんな時、偶然にも自分の加入しているある保険会社の代理店の方から、加入している保険の内容等の説明に伺いたいとの連絡があったのです。今までの私であれば、忙しいなどの理由で断っていたかもしれませんが、今回はタイミングが良かったため、すぐにお願いすることにしました。

今回、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ営業担当に自宅を訪問してもらい、保険証券を見ながら、色々とアドバイスをもらいました。その時の話を是非皆さんにもお伝えし、参考にしていただければと思います。

保険を見直すために必要なことは?

まず現在加入中の保険の内容を再確認することが必要です。保険の担当者が来る前に、自分自身や家族が加入している保険証券をすべて揃えて、ひとつずつ内容をチェックすることから始めました。

私の場合、まずその時点で驚いたのは、自分自身が入っていることを忘れている保険もあったこと。そういえば、「あの時に勧められたままに入ってしまった保険があったなあ・・」など思い出しながら、とにかく全ての保険証券を並べて保険担当者の訪問に備えました。

加入内容の説明を受ける

自宅訪問した担当者に、まずはひとつずつ、対象の保険保険の内容を説明してもらいました。今まで細かく説明を受けたことがなかったので、非常によくわかりました。

しかし一方で、担当者の会社以外の保険の内容についてもも気になり始めたため、私の方からお願いをし、一緒に保険内容を確認してもらったのです。

もちろん他者の保険であったため、その担当者がそれぞれの保険の内容を見て、気になる点や確認した方が良い部分についてを助言してもらいました。

他の保険と併せて、指摘されたこと

私の場合、医療保険とガン保険をそれぞれ違う保険会社で加入をしていました。しかし医療保険の方は、昔入ったもので、入院して2日目から給付される形になっていること。

またガン保険も、通院の部分の保障がないことなど・・・自社、他社の保険ともに色々指摘を受けました。医療保険に入っているから、ガン保険に入っているから、もう安心と思っていただけに、説明を受けながら驚くことばかりでした。

今回の見直しについて

今回の私自身の保険の見直しにより、これは不要と思われる保険、またこの二つを合わせてひとつにした方が、より効率的だと思われる保険等が見つかりました。

いずれも掛け捨てタイプの保険のため、見直すことにより、保障内容が今より広がり、逆に保険料が抑えられることがわかりました。

見直す際の注意点について

担当者から、保険を見直し、変更する際の注意点を聞きました。もし見直しにより新しい保険契約に入りなおす場合には、新しい保険契約が成立したあとで、現在の契約を解約することが大切だということ。

保険が空白となっている期間に病気や怪我をしても、保険金や給付金を受けることはできないからです。

まとめ

今回、やっと重い腰を上げて、我が家の保険の見直しを始めてみましたが、自分で選んで入ったはずの保険であるにも関わらず、保険証券の記載や約款を読んでも、本当にわかりにくいということ感じました。

特に、医療保険やがん保険など、年々より時代に合ったものが販売されており、昔入っていたものでは逆に今の時代にそぐわないものもあるという事も知りました。

今回のような見直しを自分だけで行なうのは、なかなか難しいものです。保険に精通した専門家のアドバイスを受けるほうが効率も良く、必要に応じ見直しができると思います。

もし私のように、見直しを考えている方がいるのであれば、相談できる手段は色々ありますので、検討してみるのもいいかもしれません。

majiikuji.hatenablog.jp