まじいくじ。

現役介護職のパパとおばあちゃんがおすすめの商品や保険についてなどまとめています。たまに介護についても書いています。

まじいくじ

実際に保険の相談窓口に行ってみた

f:id:majimoney:20180412235435j:plain

今全国各地にある保険の相談窓口。先日は保険会社のファイナンシャルプランナーに自宅訪問をしてもらい、生命保険や医療保険等の見直しを行いました。

今回は、自動車保険、火災保険の更新の時期に伴い、一度行ってみたかった家の近くの大型スーパー内にある保険窓口で、相談をしてきました。その時の様子をお伝えします。

相談窓口に行く場合に必要なもの

私の場合は、保険の契約期限が近い自動車、火災保険を検討しようと考えていたため、以前から、自宅近くで気になっていたある保険の相談窓口に立ち寄りました。その日、火災保険の担当者が不在とのことで、予約の日時を調整。改めて行くことになりました。

当日、もしそこで自分が納得ができる保険があれば、そこで加入しようと考えていたため、契約内容がわかる現在加入中の保険証券を持参しました。

私がイメージしていた相談窓口とは・・・

私がこの相談窓口に対しイメージしていたのは、

・保険の知識も豊富な専門家が、現在加入している保険の内容等を確認し、見直しや検討の必要性があるかどうかをアドバイスしてくれる。

・新たに加入の検討している人に対しては、その人の要望や希望に合わせて、何種類かのプランを提案、説明し、アドバイスをしてくれる。

など、相談窓口自体が、保険会社ではないため、中立公正な立場から相談や提案に乗ってくれるところだと思っていました。

プランはひとつだけなの?・・・

予約当日窓口を訪ねると、対応してくれたのは、40代位の男性で、とても話しやすく明るい方でした。私が持参した保険証券の内容を確認しながら、丁寧に説明やアドバイスをしてくれました。その話を聞きながら、契約が切れた後に、新たに加入する保険の相談に入っていきました。

私はてっきり、いくつかの会社の保険のプランや見積りを提示してくれるものと思っていましたが、担当の方からは、自動車保険、火災保険ともに同じ会社のプランしか提案してくれなかったのです。

後から知ったこと

保険の窓口で相談を受ける方は、保険の知識のある専門家であると思っていましたが、ファイナンシャルプランナーなどの資格を持っている人ばかりではないとのことでした。

ひと昔であれば、保険のセールス担当者などのしつこい勧誘で、なかなか相談ができないと思っていた人も、街中にある相談窓口のようなところであれば、気軽に立ち寄り、自分に合った保険を提案してくれると考えていました。

しかし、保険の相談が無料なだけであって、ある意味、複数の保険会社の商品を扱う保険代理店であるということを知りました。

まとめ

最終的には、自動車、火災保険ともに、見積もりまで出してもらいましたが、どちらの保険ともに、担当者が勧めたのはたった1社のみ。

私としては、もう少し色々な会社の保険を紹介してもらって比較をした上で、そこから自分で選ぶのかと考えていただけに、正直少しがっかりしました。保険の相談窓口は、中立公正な立場で相談に乗ってくれると思っていたのは、私だけでしょうか?

もし相談窓口に行く場合には、相談は無料であっても、それぞれの相談窓口や担当者によって、アドバイスや提案の仕方は様々なようです。必ずいくつかの保険会社の保険の情報をアドバイスしてもらい、最終的には自分で判断するようにしましょう。

>>>何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

>>>保険の無料相談【保険ランドリー】