まじいくじ。

現役介護職のパパとおばあちゃんがおすすめの商品や保険についてなどまとめています。たまに介護についても書いています。

まじいくじ

乳児用液体ミルクがついに解禁!あなたは利用する?

f:id:majimoney:20180807173801j:plain

なんと、日本でも乳児用の液体ミルクが平成30年8月8日に解禁となります。ただ、解禁となっても、すぐに市販されるわけではなく、業界団体では市販まで1年以上かかるという見方を出しています。

液体ミルクついに解禁

液体ミルクって字を見るとなんだか、怪しい感じがしますが、海外では当たり前に市販されている国が多くあります。アメリカなどでも一般の粉ミルクと併用している家庭があるようです。

やはり、粉ミルクだと手間がかかるので、外出先での利用は液体ミルクの方が利便性があります。

業界団体では市販までに1年はかかるという見立てを出しているため、おそらく今ミルクを飲んでいる赤ちゃんは液体ミルクが市販される頃にはミルクを卒業していると思います。

液体ミルクが必要理由

粉ミルクだと、70度以上のお湯が必要になりますが、液体ミルクであればそのまま飲ませることも可能なので、利便性が高いと言えます。そのため、災害時の備えなどに期待をされています。災害時では、粉ミルクがあってもお湯がないなど色々な苦労がありますので、液体ミルク解禁によって災害時の対策になります。

あなたは液体ミルクを使用する?

液体ミルクが市販されるまで1年かかる

残念ながら液体ミルクが市販されるまで、1年はかかってしまうそうです。そのため、今からできる備えとしては、電気がなくてもお湯が沸かせる道具を準備しておくことと、赤ちゃんが飲める水を備蓄しておくことです。

ローリングストック法が重要

このローリングストック法とは、災害備蓄方法の基本で「消費をしながら新しい物を備蓄していく方法」です。最も効果的なのが「ウォーターサーバー」です。ウォーターサーバーであれば、普段から水を消費しながら新しい水を届けてもらい、ある一定数を備蓄することが可能です。

赤ちゃんがいる家庭におすすめなウォーターサーバーは?

1位 フレシャス

f:id:majimoney:20180406014847j:plain

機能性、デザイン性に優れたウォーターサーバーと言えばフレシャスです。とにかくお洒落で高性能なので、数多くの主婦に支持されています。水の配送サイクルもかなり便利で、午前中に注文すると最短でその日の午後に届きます。

また、軽量ボトルなので女性でも楽に交換できるのもメリットです。もちろん扱っている天然水がどれも美味しいので、自信を持っておすすめできるウォーターサーバーです。

>>>お洒落なサーバーに美味しい天然水!フレシャスの公式サイトはこちら

2位 コスモウォーター

f:id:majimoney:20180406014858j:plain

コスモウォーターでは配送料やレンタル料、初期費用が一切かかりません。注文したボトルの料金だけ支払えばいいので、とても経済的です。モンドセレクションを4年連続で受賞している水はとても美味しく評判が良いです。

また、ボトルは重いですが、交換がとても楽で、持ち上げて交換しなくていいように下段に設置する作りになっていますので女性でも安心です。

>>>天然水を【宅配無料】でお届け!コスモウォーターの公式サイトはこちら

3位 プレミアムウォーター

f:id:majimoney:20180406014909j:plain

お洒落で高性能なサーバーや美味しい天然水で評判の良いプレミアムウォーターですが、特に妊娠中の方や5歳以下の子供がいる家庭にはおすすめです。

妊娠中の方や5歳以下の子供がいる家庭ではプレミアムベビークラブンの申し込みができます。これを利用すると初回設置費用が無料になったり、ボトルが安くなったりとメリットがたくさんあるので、プレミアムウォーターを利用する際はぜひ活用してください。

>>>女性にも人気のプレミアムウォーターの公式サイトはこちら

ランキングの続きはこちら

まとめ

残念ながら液体ミルクの市販はあと1年はかかりそうです。液体ミルクが解禁されれば、利便性だけではなく、災害の備えとして期待できます。現在、ミルクを飲んでいる赤ちゃんは液体ミルクで備蓄をすることが難しいため、ウォーターサーバーなどの利用により備蓄をしましょう。

備蓄の基本はローリングストック法です。消費をしながら新しい物を備蓄してくことです。災害時に子供が困らないようにすることも親の大事な務めだと、私は思っています。