まじいくじ。

現役介護職のパパとおばあちゃんがおすすめの商品や保険についてなどまとめています。たまに介護についても書いています。

まじいくじ

1歳の誕生日にやる「選び取り(将来占い)」やり方は?

f:id:majimoney:20180905021929j:plain

子供が産まれてもうすぐ一歳になるけど、誕生日って何をするのだろう?と考えられている方も多いと思います。

一歳の誕生日には一升餅を背負わせて一生食べることに困らないように祈願するというのは、だいたいの方がご存知だと思いますが、今回は一升餅と比べるとあまり知られていない「選び取り」(将来占い)のやり方についてまとめてみたいと思います。

選び取りとは?

選び取りとは、そろばん、筆、財布などのものを赤ちゃんの前に並べて、赤ちゃんが最初に手にしたもので将来が占えるという儀式です。細かいルールなどは決まっておらず、それぞれの家庭で将来を連想できる物を用意して占うことができます。

どんな物を用意する?

まずは、オーソドックスな物から紹介します。

そろばん

計算をする道具ということから、商売の才能がある子に育つと言われています。

字を書く道具ということから、文才がある子に育つと言われています。

お金

将来お金持ちになる子に育つと言われています。

定規

測る道具ということから、職人の才能がある子に育つと言われています。


他にも、最近では色々な物を置いている家庭が増えているようです。

ボール

運動の才能がある子に育つ

スマホ

IT系の才能がある子に育つ

調理器具

料理人の才能がある子に育つ

このように、オーソドックスなものにプラスして色々と選べるようにしておいても良いです。また、物を準備するのが大変な方は、一升餅とセットでカードをつけてくれるところもあるので、そういったところで購入をしても良いと思います。

選び取りをする上での注意

普段から使用しており、慣れている物だとそれを選んでしまうので、できれば普段使用していない物を用意しましょう。

また、1つだけ派手な色などにしないようにしてください。占いの意味がなくなってしまいます。ハサミや定規などの鋭利な置く場合は、必ず安全に配慮して行ってください、せっかくの行事が台無しになってしまいます。

まとめ

選び取りは赤ちゃんの将来を占う儀式です。儀式といってもあまり形式ばっておらず、自分で色々とアレンジをすることができ、家族で楽しめます。1歳の誕生日には一升餅と合わせてぜひやっておきたい行事です。